DDオプションレビュー

2012年2月26日 (日)

DD用WIG ナツキのサイドポニー (WG-593D-350)

今回紹介するのはDD公式ファンブック誌上通販で販売されたウィッグです。

DDナツキちゃんのオプションウィッグ、ナツキのサイドポニー (WG-593D-350)です。

 

Dsc_3742

 

このウィッグも最近のウィッグ同様に、ウィッグベースがキツめです。

けれど…ウィッグキャップが使用し辛いという感じ程ではありませんでした。

それではDDナツキさんに被せてみます。

 

Dsc_3900

Dsc_3899

Dsc_3949

Dsc_3947

 

ナツキのデフォウィッグと違って前髪がサラサラですね。

こちらのウィッグの方がボリュームが多く重たそうなイメージです。

 

Dsc_3903

Dsc_3909

 

ウィッグベースの色は茶色だったので、即色移りの危険性は低そうですね。

でも…やわフタのヘッドだと色移りし易そうな感じもします。

もうちょっとここら辺にも気を使って作ってくれると良いのですが…orz。

 

以上、DD用WIG ナツキのサイドポニー (WG-593D-350)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (4)

2012年1月20日 (金)

DD用WIG モエのミディアムストレート (WG-591D-6)

今回紹介するのはDD公式ファンブック誌上通販で販売されたウィッグです。

DDモエちゃんのオプションウィッグ、モエのミディアムストレート (WG-591D-6)です。

 

Dsc_3744

 

このウィッグも最近のウィッグ同様にウィッグベースがキツめです。

ヘッドキャップを使用してその上にウィッグを被せるとかなり被せ辛い感じでした。

それではDDモエ 2nd Ver.に被せてみます。

 

Dsc_3925

Dsc_3926

Dsc_3939

Dsc_3943

 

DDモエのデフォルトウィッグより、こちらの方が可愛らしい感じですね。

髪を下しただけなのですが、かなりイメージが違います。

 

Dsc_3920

Dsc_3921

 

開封してみての感想ですがウィッグベースが真っ黒で即色移りしそうでした。

ヘッドキャップを装着しないと速攻でヘッドに色移りすると思います。

最近のヘッドはやわフタなので特に色移りが激しそうな感じですし、ヘッドキャップを付けていても貫通するのが早そうですね。

 

以上、DD用WIG モエのミディアムストレート (WG-591D-6)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (4)

2011年12月23日 (金)

オビツ製作所 マルチスタンド大

今回紹介するのはオビツ製作所のドールスタンド マルチスタンド大です。

 

Dsc_4007

 

入手し易い価格設定なのにクオリティの高いドールスタンドでした。

 

Dsc_4010

 

まず最初に開封してパーツの確認をします。

 

Dsc_4011

 

材質はポリカーボネート製で結構ゴツめな作りでした。

 

Dsc_4019

 

ニッパーで必要なパーツをランナーから切り離します。

 

Dsc_4017

 

パッケージの裏面が説明書になっており、これを見ながら組み立てて行きます。

 

Dsc_4023

 

組立は簡単でプラスドライバー一本で組み立てられます。

 

Dsc_4030

 

完成しました。

まずはこのスタンドの売りの可動型バージョンにしてみました。

 

Dsc_4026

 

軸連結パーツを非可動型パーツにすると、普通の固定スタンドとしても使えます。

このバージョンで使用すると高さの関係で、60cmドールでは使用出来ませんでした。

 

Dsc_4406

 

可動型バージョンにしてDDナツキに使用してみました。

今までの固定型ドールスタンドでは出来なかった、躍動感のあるジャンプポーズも軽々とこなせます。

 

Dsc_4417

 

普通のスタンドと組み合わせて使うと、重たい武器も持たせる事が出来ます。

ベースが薄いので積み重ねて使う事が出来ますが、流石に見栄えの方はちょっと悪くなってしまいますね。

 

DDに使用する場合はDDのフニャフニャボディだとポーズの保持が難しいです。

やっぱり保持力の高いオビツボディじゃないと、DDで使うのにはちょっと厳しい物がありました。

スタンドベースが軽いのでドールが重いとポーズによってはちょっと厳しいかも知れません。

良心的な値段なのに満足度の高いスタンドでした、流石はクオリティの高いオビツ製作所ですね。

 

以上、オビツ マルチスタンド大の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (2)

2011年10月18日 (火)

DDオプションパーツ 手首パーツ・左右セット 開きグー DDII-H-07 / ノーマル

今回紹介するのはHTドルパ神戸から販売開始された、DDオプションパーツ 手首パーツ・左右セット 開きグーです。

 

Dsc_0694

 

DDオプションパーツ 手首パーツ・左右セット グーと、似たようなパーツ構成ではあったりするのですが…。

 

取り敢えず適当に思い付いたポーズを取らせてみました。

モデルはDDモエ 2nd Ver.です。

 

Dsc_1878

Dsc_1885

Dsc_1888

Dsc_1894

Dsc_1895

Dsc_1881

 

DDIIIボディの腕パーツの可動範囲の広がりと合わせれば、かなりポーズのバリエーションが広がりますね。

今回は疲れていたのでこの位しか思い浮かびませんでしたが、もっと色々なポーズが取れて撮影の幅が広がりそうです。

DDギャザリング2011で追加販売される、新ハンドパーツの方も期待したいですね。

 

以上、DDオプションパーツ 手首パーツ・左右セット 開きグーの紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (2)

2011年4月22日 (金)

Doll Wig ソフトウェーブリボン(Mサイズ)ピンクゴールド

今回紹介するのはゼファーウィッグRougeモデル ソフトウェーブリボン(Mサイズ)ピンクゴールドです。

ゼファー製ウィッグは在庫が豊富で、割と手に入り易いウィッグですね。

モデルは友人所有のDD泉戸ましろ、紹介するウィッグも友人所有です。

 

Dsc_6630

 

ウィッグのサイドリボンですが、この部分は結んであるだけでした。

 

Dsc_6632

 

リボンが簡単に解けてバラバラになるので注意が必要です。

 

Dsc_6648

 

ピンク系のウィッグだとアイの色が薄めなDDさんに似合いそうですね。

 

Dsc_6649

 

使用したのはDD推奨サイズのMサイズですが、ましろヘッドだと若干キツめな感じがしました。

 

Dsc_6650

 

こういったヘアースタイルだと傷みやすく、扱いがかなり大変そうなのが難点です。

 

ゼファー製も某製ウィッグと同様、ウィッグベースに色が付いています。

装着するとヘッドに色移りしそうな感じなので、某製のヘッドキャップを使用した方が良さそうです。

気になる所は前髪がふんわりとしていれば良かったのですが、ヘッドのオデコに張り付いてペッタンコになってしまっています。

この辺はウィッグの個体差かも知れません、某製でもそんな感じのウィッグがありますからね。

 

以上、ゼファーウィッグRougeモデル ソフトウェーブリボン(Mサイズ) ピンクゴールドの紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (4)

2010年12月 8日 (水)

DD用WIG クールシャギーショート / ナチュラル(W-129D-2)

今回紹介するのは以前に広島SRまで行って購入した二つのウィッグのうちの一つです。

DD用WIG 前下がりショートボブ / チョコパープル (W-131D-choco)と同時に購入した、DD用WIG クールシャギーショート / ナチュラル(W129D-2)です。

ウィッグのラインナップがリニューアルされて、新たに追加された種類のウィッグですね。

リニューアル後に追加された新色のチョコパープルを選びたかったのですが、在庫切れで他店にも無いとの事で追加生産待ちの状態でした。

 

Dsc_5087

 

開封してみての感想ですが髪型の関係上、ちょっとベタベタした感じのウィッグでした。

このウィッグも最近のウィッグ同様に、ウィッグベースがキツめです。

けれど…ウィッグキャップが使用し辛いという感じほどではありません。

それでは、DD小牧愛佳さんに被せてみます。

 

Dsc_5453

 

Dsc_5451

 

Dsc_5458

 

Dsc_5456

 

Dsc_5455

 

Dsc_5454

 

この髪型だとスポーツ万能少女みたいな印象がありますね、陸上部で走ってそうな感じです。

愛佳さんはどちらかというと文学少女っぽいイメージがあるので、ちょっとこの髪型だと印象が違うかも知れません。

でも…これはこれで可愛いんですけどね~。

ちょっと気になる所は髪型の関係上傷み易そうなのが難点かな~と思います。

ウィッグベースの色はナチュラルなので、非常に色移りの危険が高いです。

恐怖のボークスブラックのナチュラルなので、ウィッグキャップの装着は必要ですね。

ナチュラルの場合は定期的にウィッグキャップを交換しないと、キャップを貫通してヘッドに色が移ってしまいます。

以前にDD志野ウィッグ黒髪を使用していた時のウィッグキャップですが…。

 

Dsc_5098

 

…一年でこんなにウィッグキャップが汚れてしまいました。

ナチュラル色のウィッグベースはかなり凶悪ですね…。

 

Dsc_5101

 

ナチュラルを使用する場合はウィッグキャップの毎年定期的な交換が必要です。

…という訳でこれを機会に新しいウィッグキャップと交換しました。

 

以上、DD用WIG クールシャギーショート / ナチュラル(W-129D-2)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

 

| コメント (2)

2010年10月 4日 (月)

DD用WIG 前下がりショートボブ / チョコパープル(W-131D-choco)

今回紹介するのは以前に広島SRまで行って購入した二つのウィッグのうちの一つです。

DD用WIG クールシャギーショート / ナチュラル(W129D-2)と同時に購入した、DD用WIG 前下がりショートボブ / チョコパープル (W-131D-choco)です。

ウィッグのラインナップがリニューアルされて新たに追加された種類のウィッグです。

色もリニューアル後に追加された新色のチョコパープルを選びました。

 

Dsc_5094

 

開封してみての感想ですが固めてあるタイプのウィッグではない為サラサラした感じでした。

このウィッグも最近のウィッグ同様にウィッグベースがキツめです。

でもウィッグキャップが使用し辛いという感じほどではありませんでした。

それではDD小牧愛佳さんに被せてみます。

 

Dsc_0529

 

Dsc_0528

 

Dsc_0517

 

Dsc_0520

 

同じショートウィッグのDD志野ウィッグとは、また違った印象に感じられますね。

愛佳さんのアイは濃い紫色なので、チョコパープルとの相性は抜群に良さそうです。

ちょっと気になる所は髪が肩に掛ってしまうのが難点かな~と思います。

ウィッグベースの色はナチュラルではなくチョコパープルでした。

 

Dsc_0537

 

Dsc_0547

 

恐怖のボークスブラックのナチュラル程の威力は無いにせよ、濃い目のカラーなのでウィッグキャップの装着は必要そうです。

ナチュラルの場合は定期的にウィッグキャップを交換しないと、キャップを貫通してヘッドに色が移ってしまいますからね。

自分の場合は念の為にウィッグキャップを二枚重ねにして使用しています。

それでも油断ならないのがボークスクオリティですけどね。

 

以上、DD用WIG 前下がりショートボブ / チョコパープル(W-131D-choco)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

2010年9月20日 (月)

SD用ドルフィースタンド メタルベース Aタイプ(腰支えタイプ)

今回紹介するのはSD用ドルフィースタンド メタルベース Aタイプ(腰支えタイプ)です。

 

Dsc_4865

 

SD用となっていますが、DDにも普通に使用出来ます。

 

Dsc_5056

 

それでは早速開封してみます。

 

Dsc_5059

 

パーツがバラバラの状態なので組み立てる必要があります。

 

Dsc_5063

 

シャフト部分がハマらないので良く見てみると、バリに当たって入りませんでした。

シャフトをグリグリと押し込んでやって何とか入りました(流石某クオリティ…)。

 

Dsc_5064

 

とりあえず完成です。

 

Dsc_5073

 

以前から販売されていたSD用木製スタンドA 腰支えスタンドタイプとの比較です。

ベース部分が薄くなって、大きさもコンパクトになっています。

 

Dsc_5070

 

ベース部分が薄いので、こうやって2つのベースを重ねて置く事も出来ます。

 

Dsc_5081

 

支えの部分が以前のバージョンは広めだったのですが…。

 

Dsc_5077

 

新しいバージョンは少し狭くなっていました。

 

それでは早速使用してみました。

 

Dsc_9067

 

ベース部分が小さくなったのでコンパクトになりましたが、鏡面仕上げなので映り込みがちょっと気になります。

 

Dsc_4616

 

以前のバージョンはベース部分が大きめですが、映り込みが無いのでこっちの方がしっくりきます。

 

木製ベースの方は重さが軽いので、ちょっと大きめですが比較的扱い易いです。

金属ベースの方はコンパクトですが、やはり金属だけあって重たいですね…。

どちらもそれぞれ良い点、悪い点がありますね。

 

以上、SD用ドルフィースタンド メタルベース Aタイプ(腰支えタイプ)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (2)

2009年12月19日 (土)

SD用WIG ワンツーシャギー / (W-103 TT2/LC)

今回紹介するのはウィッグのラインナップリニューアル前のモデル、SD用WIG ワンツーシャギー / (W-103 TT2/LC)です。

現行のワンツーシャギーと違って単色ではなく、グラデーションが掛かった綺麗なウィッグです。

廃番になってしまったのが凄く惜しいウィッグですね。

 

Dsc_2459

 

それでは開封してみます。

 

Dsc_2451

 

廃番になってしまった旧タイプ(画面左側)と、現在販売されている新タイプ(画面右側)の比較です。

 

ウィッグベースの部分が大き過ぎてブカブカで、そのままヘッドに被せてもすぐに外れてしまいます。

ヘッドキャップのLサイズとMサイズを二枚重ねにしてヘッドの大きさを調節します。

 

それではDDモエさんに被せてみます。

 

Dsc_2463

 

Dsc_2462

 

Dsc_2478

 

Dsc_2475

 

デフォウィッグがショートなモエさんだと、ロングのストレートでは違った感じの雰囲気ですね。

 

Dsc_2464

 

Dsc_2477

 

Dsc_2476

 

Dsc_2460

 

しかし…同じヘッドでもウィッグのイメージだけで、かなり変わって見えるものなんですね…。

 

ナツキとは同じヘッドのメイク違いなのですが、モエだと全く違った雰囲気になりますね。

デフォウィッグは色も濃いので、このウィッグでも似合いそうです。

他のウィッグでも色々試してみたいと思います。

 

以上、SD用WIG ワンツーシャギー / (W-103 TT2/LC)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

| コメント (2)

2009年11月28日 (土)

SD用WIG ワンツーシャギー / (W-103 TT12/24)

今回紹介するのはウィッグのラインナップリニューアル前のモデル、SD用WIG ワンツーシャギー / (W-103 TT12/24)です。

現行のワンツーシャギーと違って単色ではなく、グラデーションが掛かった綺麗なウィッグです。

廃番になってしまったのが凄く惜しいウィッグですね…。

 

Dsc_2333 

 

それでは開封してみます。

 

Dsc_0993 

 

廃番になってしまった旧タイプ(画面左側)と、現在販売されている新タイプ(画面右側)の比較です。

 

ウィッグベースの部分が大き過ぎてブカブカで、そのままヘッドに被せてもすぐに外れてしまいます。

ヘッドキャップのLサイズとMサイズを二枚重ねにしてヘッドの大きさを調節します。

 

それではDDナツキさんに被せてみます。

 

Dsc_2231 

 

Dsc_2236 

 

Dsc_2261 

 

Dsc_2262 

 

Dsc_2269 

 

ストレートのロングウィッグだと、お姉さんっぽい雰囲気に見えますね。

 

Dsc_2230 

 

Dsc_2237 

 

Dsc_2258 

 

Dsc_2265 

 

しかし…同じヘッドでもウィッグのイメージだけで、かなり変わって見えるものなんですね…。

 

DDナツキには明るい色の方が良いかと思っていましたが、濃いめの色のウィッグでも結構良さげに見える雰囲気です。

ナツキの眉毛の色がこのウィッグの色に近い色をしていて、その辺も違和感が無い理由なのかも知れません。

そのうち他のウィッグでも色々試してみたいと思います。

 

以上、SD用WIG ワンツーシャギー / (W-103 TT12/24)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。