« DD用WIG ナツキのサイドポニー (WG-593D-350) | トップページ

2012年3月 4日 (日)

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ねんどろいどぷち めんま(本間芽衣子)

今回紹介するのは月刊アニメスタイル第6号付属の『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ねんどろいどぷち めんま(本間芽衣子)です。

 

Dsc_5044

 

第2号や第4号と違って第5号と同じく最近のキャラのねんぷち化ですね。

前号のけいおん!と違ってアニメの方は未視聴ですが、めんまが可愛らしかったので購入してみました。

 

Dsc_5047

 

パッケージを開封しました。

こちらも第5号同様に大き目ですね。

 

Dsc_5052

 

それでは早速組立します。

パーツ点数は前号のさわちゃんより1点程(メガネの分だけ)少なかったです。

 

Dsc_5053

Dsc_5054

Dsc_5055

Dsc_5057

Dsc_5058

Dsc_5059

Dsc_5060

 

白いワンピース姿がシンプルで爽やかな感じですね。

自信満々にピースをしている姿が可愛いです。

 

Dsc_5066

 

第1号から続いていた月刊アニメスタイルですが、今回の第6号で取り敢えず一区切りとなる様です。

雑誌の内容も濃かったし昔のキャラをねんぷち化したりと色々面白い試みをしていたのに残念ですね。

 

Dsc_5064

 

最後に今まで購入した月刊アニメスタイル付属のねんぷちを並べてみました。

第1号の大河と第3号のにーさんが足りませんが…。

 

Dsc_5061

 

タイトルは月刊アニメスタイルとなっていましたが、延期を重ねてやっと終わった~ってな感じですね。

季刊誌とかの形でも良いのでこれからも続けて欲しいと思いました。

 

以上、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ねんどろいどぷち めんま(本間芽衣子)の紹介でした。

それでは、今回はこの辺で。

 

« DD用WIG ナツキのサイドポニー (WG-593D-350) | トップページ

フィギュア紹介レビュー」カテゴリの記事

コメント

アニメスタイル、第1号だけ買いました。濃い内容の雑誌でしたよね。休刊になるのですか。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」は見てました。泣けました。特に最終回はボロボロ。
登場人物たちのあだ名も面白かったですよ。
ねんどろいどぷちになっためんまも可愛いですね。無邪気笑顔がとてもいいです。

投稿: エフェ | 2012年3月 4日 (日) 09時47分

こんにちは、エフェさま。

エフェさまも第1号を購入されていたのですか~。
第1号は”とらドラ”の特集でねんぷち大河が付属していましたね。
自分は最初様子見していたのでタイミングを逃してしまい見事に入手出来ませんでした…orz。
なかなか濃い内容のアニメ雑誌でしたが、今回でひとまず終了となるみたいです。
アニメスタイル特集の”あの花”の記事を読んでみましたが泣けるお話みたいですね。
今は時間が全く無いので無理ですが、余裕が出来たら視聴したいと思いました。
登場人物のあだ名は凄かったですね~。
ねんぷち版の方が遅れた為にねんどろいど版とほぼ同時に登場したみたいですね。
可愛くデフォルメされためんまはとても可愛いですよ~。

投稿: 霧切谷 | 2012年3月 4日 (日) 15時17分

霧切谷さま、こんばんは。

私もこのアニメスタイル第6号は予約してましたので届いてはいますが、
雑誌の方をちら見しただけで、ねんぷちの方はまだ開けてなかったりします^^;
めんまちゃん可愛いですね~(*´ω`*)
この本のねんぷちの出来は前号までの批評で保証済みだったので、気にしてませんでしたが
相変わらず素晴らしい出来のようですね。
特に髪がなびいてる造形は、ねんぷちなのにそこまでやるかって感じです。

本の中身の方はちら見したときに、紙スタイルの発行は今回で今号で終わりと聞いてガッカリしました。
私は毎号購入してるわけでなく、買ったのは4号のルリルリと今号だけですが、
ねんぷち付きとはいえ、やっぱり1,500円という本にしては高い価格設定と、
大人向けの記事が万人受けせずに、あまり売れなかったのでしょうね・・・。
あの花はオリジナルとして素晴らしい感動作品ですので、時間が出来た時にでもぜひ見て下さいね~^^

投稿: でぃあず | 2012年3月 4日 (日) 21時06分

こんばんは、でぃあずさま。

でぃあずさまも第6号を予約購入されていましたか~。
自分は先週の日曜日昼過ぎに届いて、速攻で開封し撮影して記事にしました。
そのまま夕方になって力尽きてしまい更新は一週間後になってしまいましたが…orz。
雑誌の方も時間が無いのでまだ”あの花”に関する部分しか読んでいません。
めんまのねんぷちも可愛い出来で良かったですよ~。
少し部品の組み合わせが固くて前髪パーツの部分に若干の隙間があります。
それ以外は特に気になる所も無く今までのねんぷち同様に素晴らしい出来でしたよ。

今回でひとまず終了なのは残念ですね。
自分も全号フルコンプでは無くて、第2・4・5・6号のみだったりします。
一昔前のアニメにスポットを当てた話やねんぷち化が好みだったのですが…。
企画段階でねんぷち付き雑誌として当初から第1号から第6号までの予定だったそうです。
その後は売れ行き次第で検討するとか聞いた事があります。
以前にも一度休刊した事もある雑誌なので、実験的な意味合いがあったのかも知れません。
アニメ版の”あの花”の方も時間が取れたら、じっくりと鑑賞してみたいと思っております。

投稿: 霧切谷 | 2012年3月 4日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DD用WIG ナツキのサイドポニー (WG-593D-350) | トップページ